カウンター


プロフィール

雨月

Author:雨月
カウンセリングやヒーリングを仕事として*年
最近では、スピリチュアリストと言う方が通りが良くなりました。
生きとし生けるものが大好きで、人が大好きで、何より寝ることが好き!
比叡の山中に庵(虹の風)を構えています。
疲れたら、一休みしにいらっしゃいませんか?
琵琶湖の風に吹かれ、鹿やいのししの声を聞き、鳥に目覚めを即される。そんな庵です。


最近の記事


最近のコメント


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

疑問と到達

人の体は何からできているか?
この単純な質問に対する答えは多岐に渡る。
水とたんぱく質?
遺伝子?
心と肉体?
質問の捕らえ方によって、
答えはさまざまに分かれる。
分かれるというより、
さまざまな見方、考え方が存在するということだろう。

これが、
机は何でできているか?
という質問だったら、
事はすこぶる簡単である。
では、なぜ、人間だとこんなに複雑になるのか?
それは、私たち自身が、
自分とは何であるか?
という疑問を常に持っているからだろう。
物事に疑問を持つ生き物は
この地球上においては私の知る限り人間だけのようである。
人間だけに与えられた特権というよりは、
人間という種に与えられた苦悩と言った方が近いかもしれない。

先だって、
権利と責任ということについて述べたが
これに共通するものが
この疑問の中にあると思う。
「知る」と、「知らない」の間にあるもの。
果たして、私たちは何でできているのだろう。
人間という種を特定するのは、
いったい何によるのだろう?
先ほど書いたように、
物事に疑問を持つ。
というのは人間の特性である。
ただ、これは心的属性であり、
肉体的属性ではない。
心に疑問があると、肉体はどのようにそれを表現し、
受け止めるのだろう。

その疑問が解決したとき、
われわれの前に何があるのだろう。
その昔、仏陀は生まれ変わりを恐れた。
老いたり病にかかったりする存在に
そういった存在に生まれ変わることを
彼は恐れたのだ。
これまで幸せで、何不自由なく、美しいものにのみ取り囲まれて育った仏陀にとって、
老いや病はとても醜く写ったことだろう。
醜さを恐れる気持ち。
それが偉大なる仏陀を生み出した。

なんと言う皮肉だろう。
なんという純粋さだろう。
ただただ、醜くない存在であろうとしたあまりに、
命の限りを尽くし、あるとあらゆる修行をし
そして真理にたどり着いた。
スタートは、われわれから見ても、単純で、不純なものだった。
ただ、純粋ながゆえに、真剣に取り組んだ結果、
偉大なる真理に行き着いたのだ。
大切なのは、
目標を持って真摯に努力すること。
持てる力の総てを尽くして、
目標に向かうこと。

このとき、手段は問題ではない。
結果が問題なのだ。
いかなる手段をとろうとも、
目標さえはっきりとしていれば、
そこに至る道は必ず見えてくる。
常に、疑問を持ち、目標を見据える。
そうすれば、どんなに遠回りに見えた道でも、
目標にたどり着くことができるのだ。

あきらめなければ

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ
ポチッとしてくれたら嬉しいです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://catdogcat.blog72.fc2.com/tb.php/39-cd302018

優香のポロリ写真!!

自信満々のコギャル時代 今ではすっかり大人の女になった優香だが何年か前まではグ

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。