FC2ブログ

カウンター


プロフィール

雨月

Author:雨月
カウンセリングやヒーリングを仕事として*年
最近では、スピリチュアリストと言う方が通りが良くなりました。
生きとし生けるものが大好きで、人が大好きで、何より寝ることが好き!
比叡の山中に庵(虹の風)を構えています。
疲れたら、一休みしにいらっしゃいませんか?
琵琶湖の風に吹かれ、鹿やいのししの声を聞き、鳥に目覚めを即される。そんな庵です。


最近の記事


最近のコメント


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平均値であること

平均点
何事にも、平均値と言うものがある。
ブティックに売っている服ひとつをとっても
日本人の体型の平均と言うのが基準となっている。
この平均と言うのは、
多くの場合、生活の中に欠かせないものとなっている
われわれが初めて社会として接する
幼稚園、保育園、小学校、中学校
全てにおいて、
平均値と言う見えない影が、大きく物事を支配する。
平均値と、許容範囲は
人の健康にもその影を落とす。

健康診断を受けてみよう
血圧
体重
体脂肪率
白血球数
血液の比重
心臓のパルス
本当に、さまざまなものが計測され、
一覧表となって提示される
そして、あなたの健康状態が判断される。
でも、ちょっと待ってみよう。
血圧が常時250でも、健康な人も居る。
この人にとって、血圧が250あることは、通常の状態なのだ。
確かに、
平均値は大切で、
それを把握しておくことは大切だろうが、
全ての事を平均に収めようとするのは危険が大きい

身体についてをたとえにしたが、
これを、メンタルの面で捕らえてみると、
このことはもっとはっきりとする。
個性と呼ばれるそれは、
往々にして、平均値の外に存在する。
精神面での平均値は、
円滑な社会生活にはとても大切なことだが、
文化、文明を育てる上での原動力となりにくい。
ここでは、平均値に収まらないユニークさが
その原動力の中心となるのである。
細かな部分では、流行もそうして生み出される。

平均であることより、
いかにバランスよく平均から外れるかが重要かもしれない。


ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ
ポチッとしてくれたら嬉しいです。

もし、共鳴して下さったら、web拍手を!
雨月の励みになります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://catdogcat.blog72.fc2.com/tb.php/53-5f629b6a


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。